突然、窓の外の景色が変わった。
視界いっぱいに広がる海。
風が変わる…窓越しにも潮の香が感じられるくらいに。
電車は海と平行に走り、車内に期待に満ちた歓声が上がる。
色とりどりのパラソルや車の列、そして海で遊ぶ人たち。
流れていく景色に、あたしはため息をつく。
………戻ってきた……この街へ。
照りつける日差しを手で遮りながら歩き出す。
海が見たい……自然と足が速まる。
波の音が大きくなる、そして海からの風が熱気を追い払う。
期待に胸をふくらませて、堤防までやってきた。
この季節だけ、人で賑わうリゾート地。
懐かしいって気分はしなかった。
でも、海の大きさや、風の心地よさに感動する。
突風に、髪が揺らされ首元をくすぐる。
こそばゆさに首をすくめて、笑い出しそうになったあたしは街を振り返った。
ここに、少し前まで居たんだ……
もう、住んでいた家はない。
親に書いて貰ったメモを取り出す。
これからお世話になる場所が書いてある。
あ……
メモに引っかかって、パスケースがポーチから落ちた。
慌てて拾いあげて、土をはらう。
それには、前に通っていた学校で撮った写真が入っていた。
あたしともう1人の男の子……2人仲良く写る写真が。
今頃、何をしているんだろう……
いくら写真を見つめても答えはない。
パスケースをポーチにしまうと、メモの住所を確認する。
道路の標識を手がかりに、キャスター付きの鞄を引きずりながら歩きだした。
2丁目は……
しばらく歩いても、メモに書かれた場所が見つからない。
どっちが北なんだろうと頭を悩ませながら、またメモに目を落としたその時………
「きゃっ!?」
前を確認してなかったあたしは、人にぶつかってしまった。
慌てて頭を下げると、その男の子は不思議そうな表情を浮かべて……
「あれ……お前……」
「……えっ………」
あたしの名前を呼んだ。
写真と変わらぬ笑顔を浮かべる彼を……
あたしは……見つけた。

(C)2005,2007COCKTAILSOFT/HQ/PIACCI(C)FANDC.CO.JP